amazonの個人情報開示について

去年の今頃、こんな記事が話題になりました。

www.bengo4.com

アマゾンの書籍レビュー欄に「中傷コメント」を書き込んだユーザーは誰なのか――。東京都内のNPO法人が発信者情報の開示を求めて、運営会社のアマゾンジャパンを相手取った訴訟で、東京地裁は3月25日、同社に対して、ユーザーのIPアドレスのほか、氏名や住所、メールアドレスの開示を命じる判決を下した。判決は4月8日、確定した。

 まぁおかしいですよねこれ

前回の記事でも言いましたけどプロ責法は請求できる物を「発信者」の情報と限定していますし発信者かどうかも分からない個人情報をみすみす渡しちゃうような判決出してしまうのは頂けないような気がします。

万が一ツイッターのようなIP、タイムスタンプの保存の仕方をしていた場合、IPとタイムスタンプを請求するのだって慎重にならねばならないはずなんですよね。

おまけにこれ、個人情報が手に入るからとIPとタイムスタンプ請求していなかった場合損害賠償で敗訴した時一からやり直しになる上にログが流れるリスクがありますし

上記記事のように請求してた場合でもamazonの個人情報を利用して損害賠償を行って「個人情報と発信者の同一性が確認できない」として棄却された場合、そこからまた「対ISPの発信者情報開示請求」「損害賠償請求」を余計にやらなくてはいけないので、権利侵害された側からすると山岡弁護士が言うように「意義のある判決」かと言われると疑問符が付いてしまいます。

弁護士からしたら「意義のある判決」なのかもしれませんが。

 

おまけに上部記事では触れられてはいませんが、当該判決に出ている「中傷レビュー」とされているレビューの内容も公益性を上回るほどの権利侵害がなされているかどうか微妙な所なんですよね。

そのレビューは実際に参加していたり、読んだりしていなければ書けないような内容であり、「事実無根の公益性の無いレビュー」かのような扱いをしてしまうのはどうなんだ、と言うようなことも思っていました。

 

小学生みたいな感想ですがamazonレビューを訴えるようなときは変則的な訴え方をせず、普通に訴えた方が良いなと思いました。