最近の発信者情報開示請求について

他のサイトでも取り上げられているような事をダラダラ書き続けるとただの他人の受け売りになってしまうので今回は傍聴してみた感想や判例を見て思った事などについて書いて行きます。

東京地裁でいくつか最近の対ISPの発信者情報開示請求事件を傍聴した感想についてですけど、まぁまず以前言われてたほど無気力裁判は減ったのかな?と言う感じです。

それでも小さいISPの顧問弁護士だと発信者情報開示請求に慣れていなかったり、無気力だったりする事があるのでやっぱり利用者側は大手ISPを利用した方が良いのかなと思う事もありますが。

 

次に原告側について言及したいと思うんですが結構酷い代理人が多いですね。

「書類を期限に間に合わせない」、「第一回弁論なのに甲号証の原本を忘れる」、「書類提出期限を知らない」、「そもそも出廷しない」等…

話に聞いたところによると「代理人は出廷せず原告本人を第一回口頭弁論に出廷させた」なんてとんでもない代理人もいるようですね。あくまで他人に聞いた話ですが。

まぁ色々書きましたけどこれは裏を返せば「発信者情報開示請求について勉強しないまま請け負って裁判をするような新規参入の弁護士が増えた」と言うことにもなります。前回の記事でもチラッと述べましたけど。

2015年の5月出版分の『Law&Practice』P271には「プロパイダ訴訟は競争者が少ないから楽な商売」みたいな事が書かれていますけどこの一年半で間違いなく状況は変わっています。

まぁ実際依頼する時にはそういう弁護士に当たらないよう祈るくらいしか出来ません。

 

因みにここ最近で一番酷いと思った原告代理人は「原告の主張をそのまま通して裁判官から直接このままじゃ開示請求が通らないことを仄めかされても「原告の主張だから」と特に反論もせず口頭弁論を終局させる」とかいう荒業をやってのけた代理人ですね

僕は内心「お前着手金目的で受任したやろこの依頼」と思いながら傍聴してました。

 

次回こそログイン型投稿とamazon開示について取り扱おうと思います。